たまに日記

書きたいときに書く日記。

農業本を借りてきた・農で起業する!ー脱サラ農業のススメ

 

農で起業する!―脱サラ農業のススメ

農で起業する!―脱サラ農業のススメ

 

1938年生まれ、バリバリの外資系サラリーマンからバブル終焉頃(1990年)に52歳で就農した方の本。バイタリティー溢れる方で強気な語調にくらくらするところもありますが、農業界に入って疑問に思ったことを率直に書かれていて参考になる。社員時代に培われた合理的な考えを農業に当てはめて、効率よく収穫を増やしていくやり方など書かれている。パソコンを駆使して苦労して作られたという就農シミュレーションの表は、現在では農業フェアなどでどの自治体も作成しているような内容だと思うのですが、この本が刊行された2005年にはまだ珍しいことだったのかもしれない。農業を数値化したり時給換算を出すのは新しかったのかも。恐ろしいことですが><

以下メモです。

・週休4日のラクラク農業を目指すために決めたガイドライン「3・2・3ガイドライン」。1時間働いたら3千円の収入、そのうちの2千円は手元に残す収益性。年間総労働時間は夫婦二人で3千時間を目指す。よって年間売り上げ900万、手元に600万残る。4年目あたりで達成。

・観光農業が一番収益に貢献。

・肥料や扱うものには相見積もりを取ってコストを抑えよう。

・地下室(ボックス・カルバート)でそば粉を寝かせ、他の農家が売りに出さない時期に店に出せる。隙間産業を狙える。地下室を作るのはおすすめ。

・日本の農業界の「肥料」「計測」「情報」についての遅れの指摘。

・一大産地には注意?長年同じ作物を作り続けると土壌が線虫だらけになり農薬がたくさん必要になるかも。産地もローテーションすべきだ。

・国の補助金は極力使わない。国のこうしたら補助金もらえるよという誘いに乗らず、自分の良いと思えるやり方で農業をしていった方が経費もかからない。

・ 地域の祭りや自治に使われるお金を集金するその地域特有の納付制度があり、納税組合に最初は反発していた。その後銀行振込などでプライバシーに関与されない形で納税できると知り納め始めた。納税組合長に自身も就任し地域の人々の温かさに触れて納税を拒否したこと都会人の感覚だったと後悔するも、自分の代で納税制度を廃止した。円満解決?

・忌避植物、防虫トンネル、ビオトープも効果がなく自然をコントロールしようとする行為は意味がなかった。

 ・ファッション百姓的な若者の移住者への批判。あまりにのんびり生きている。

図書館で最初に手に取った本が農業本としてはアタリだったのが嬉しい。とても勉強になる本でした。農業を知る為これからも読んでいきたい。

結婚1周年

 

f:id:saba_taberu:20171009161938j:image

 建設中の新国立競技場を横切り重機の数に驚きつつ、明治記念館へ結婚一周年記念のディナーをしに行きました。挙式後5年間の挙式月は食事が半額になるのです。たまには贅沢をしたいので、羽衣にて松茸旬会席を頂きました。

人生初の松茸瓶蒸しを堪能し、かますの黄身煮なる料理方法を知ったり贅沢な時間を過ごせました。

f:id:saba_taberu:20171009161911j:image入り口では快く係員さんが写真撮影を受けてくださりました。花嫁さんたちもいなかったので大階段で撮ることが出来、いい記念になりました。この一年、夫転職、引っ越し等ストレスが色々あったけど仲睦まじく来年も記念館に来れたらいいな。

 f:id:saba_taberu:20171009161849j:image

義母から堂島ロールを送られてきた!まさか結婚記念日を祝われるとは思ってなかった。うちの父母は結婚記念日に無関心だったからなぁ。堂島ロールの生クリームが義母は好きらしい。覚えておこう。

f:id:saba_taberu:20171015204218j:image

農業フェア

 

f:id:saba_taberu:20170820155623j:image

もう3度目の参加になりました。

最初はどのブースに行っても農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)の話や書面の資料をもらって、説明だけ聞いて終わっていました。フェアに通ううちに農作物の種類や育て方、資金振りがわかってきて、興味を持った施設作物に焦点を定めて回れるようになってきました。

今回行ったブースの適当なメモ
①安平町アサヒメロン

何度か通わせていただいてるブース。自身も新規参入したメロン農家さんが丁寧にしっかりと説明して下さいました。今回はもし安平に引っ越ししたら子供の教育はどうしていったらいいか聞いてみました。子供にいい教育をしたいなら、親が苦労を厭わない覚悟が必要。町に塾がなく、他町へ子供を送り迎えしなくちゃならないようです。これはどの地方に行っても覚悟しなければいけなさそうです。
②茨城就農 今度現地見学回が行われるそうで、行ってみます。

大分県新規就農相談センター 研修制度充実。就農学校やファーマーズスクールがたくさんある。きのこの学校もある。
南信州 リニアが今後通るので発展するかもしれない地域。
NPO法人阿蘇エコファーマーズセンター 法人を通して、現役農家へ研修に行ける。

布ナプキン挑戦してみた

どこで初めて買うか悩みましたが、デザインが一番好みだったサニーデイズの布ナプキンデビューセットを買ってみました。

届いたもの。使用し洗濯してしまったのでくしゃくしゃですみません。

f:id:saba_taberu:20170702124045j:plain

菱形プチの横柄がとっても可愛いくて気に入り、肌触りも気持ちよかったので、1日セットも続けて購入。柄は自分で選べないフェ◯シモ方式なのはわかっていましたが、いざ届くと自分で選びたかったなーと少し失敗でした。デビューセットに入っていた気に入った柄も今は取り扱ってないみたいで残念!在庫が少なめな人気柄もなかなか入ることが少ないのかもしれません。今後セット購入はせず、好きな柄が発売されたら買おうと思いました。

1日セットで届いたもの。

f:id:saba_taberu:20170701154723j:plain

デビューの軽い日用と普通の日用のものでは使用感が全く違い、普通の日用の安心感に癒されました。

取り替え回数が減る便利さで三つ折りプレーンタイプがお気に入り

洗濯後すぐに乾くし三つ折りプレーンタイプが気に入りました!二日目に三つ折りを使ってみましたが防水布がないため、三つ折りを貫通して下の布に染みていました。防水パットを買おうかと検討しましたが、とりあえず手持ちの生理用パンツで洋服への染みを防止すればいいかなと考えてます。

サニーデイズのプレーンタイプ(ハンカチタイプ?)はショーツに固定できるのがいいです!でもよく体を動かす時は、菱形の方がズレにくいです。

布ナプキンはミンネとかのハンドメイド系通販やヤフオクとかでも売っているようなので買ってみたいです。検索に赤ちゃんのよだれかけがたくさん引っかかる^^

買取りと占い熱

結婚式からもう5ヶ月経ち、もう遠い記憶になりました。きもいけどインスタで記念館のタグ検索で他の人の準備風景を隠れ見て、式準備に悩んでいた頃を思い出し懐かしんで幸福感を頂いています。

インナー、パニエ、グローブを浅草橋にあるアクセサリー大橋に売りに行きましたが3点で買取価格1400円。すべて新品で買ったため購入額の1割にも満たないなあ。でもうちにあってもかさばるだけなので引き取っていただきました。

 

西洋占星術を学びたい。

20代半ば、知り合いから石井ゆかりさんの占いをお薦めされてゆかりさんのHPやtwitterを毎日見るようになり。どうやって毎日の運勢を見るんだろう等、占星術への興味が湧いてきてネットで用語を検索していたのですが、物足りなくなってきたので星座解説本を買い始めました。そのうち自分でもホロスコープを見られるくらいになりたい。

自分なりの勉強法は、身近な人や好きな人のホロスコープを書き出し、ホロスコープの要素と実際に知るその人の特徴を照らし合わせてホロスコープの要素を覚えていく。その繰り返しでチャートからどんな人物か想像できるようになっていけるといいなと思います。

甲府を離れる

夫の都合で甲府から離れることになり、私は愛着を作ろうとしてたものから突然引き離されて、やるせない気分。転勤族の妻はこんな思いを何度もされてるのかと思うと辛すぎる。

職場での最終日、頂いたチーズケーキがおいしい。甲府・ケーキ・デザート・スイーツ・パティスリー プリエール

 

甲府は個人経営の飲食店が多くて外食も楽しかった。

 

カレーのお店 ナイル

https://tabelog.com/yamanashi/A1901/A190101/19000387/

昔ながらのカレー屋さん。ご主人マスターが奥さんがいる時と一人でカウンターに居る時と態度が違って面白い。カレーはマスターが原材料作り方にこだわり抜いて自分が食べたいカレーを追求した結果らしい。濃厚スパイスの優しい味で食べた後、口の中がさっぱりする!

f:id:saba_taberu:20170330115206j:plain

 

 

ひなた(甲府市朝日)

昭和で止まった学生食堂!中野ブロードウェイの奥地にもこういう喫茶店みたいな食堂あったような。

https://tabelog.com/yamanashi/A1901/A190101/19003641/

 

 

 

いつも行っていた銭湯は

緑が丘温泉、喜久乃湯温泉、高砂湯。

緑が丘温泉は源泉掛け流しのぬるめのいいお湯でした。

 

まだまだ行きたいところがたくさんあったのにな〜!

また暖かくなったら観光に来ようと思ってます!

北海道移住見学しに行ってきた

私たちが気になっているエリアは雪が少ない道央圏の東寄り、東京の実家にも帰りやすいように、千歳空港近くの町を候補にしてます。今回は栗山町と安平町を見ました。

f:id:saba_taberu:20170209104126j:plain

 

栗山町

南空知地方の栗山町。南幌町由仁町、長沼町、栗山町の南空知4町は移住セミナーもよく実施されていて移住に積極的なイメージ。その中で栗山町は南空知の中では都会らしい。

人が元気な感じがした。町役所職員さんによると、お祭りを告知すると市民が自主的に実行委員を作ったり企画したり積極的。地元の企業のホームページには栗山町紹介が必ず載ってたり地元民が栗山が好きなんだな〜と栗山町愛を感じる。

f:id:saba_taberu:20170128105641j:plain小林酒造の入り口。日本ハムが優勝して垂れ幕が下がっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栗山在住の日本ハム栗山監督が生き神のように扱われている感じ。監督は山の上に住んでいるそうで、その山の中腹にある分譲地、エコビレッジ湯地の丘を見せてもらった。眺めがよく、木張りの家で統一してある家並みが綺麗でした。

住むのに人気の町らしく公営住宅はなかなか入れないようでした。

農業支援は手厚いわけではなさそう。栗山町でやりたい人は拒まないけど自己責任でやってね。という姿勢に見えました。自分で販路を拡大できる実力主義な人を求めている感じです。

行った観光地

ホーム - 明治 蔵元 栗山町小林酒造の生家 小林家(小林酒造内)

 

安平町

追分地区、町はこじんまりしていて住居エリアが駅周辺にまとまっていてコンパクトな町。急坂が多い。急勾配を登って山の頂上にあるような小学校の地形が素敵でした。安平町営安平山スキー場という小さなスキー場がある。子供同士で気楽に来られそう。

新規メロン農家を募集中。就農への流れを説明していただきました。

メロン作り方は研修でしっかり教えてもらう。農家は起業するみたいなもの。リスクが伴うので、経費の落とし方や資金巡りも面倒見てくれるようです。町の自治体ぐるみでメロン農家をサポートしてくれそうな感じがしました。